【第1315局】凝り性

皆さん、こんにちは。

将棋普及棋士初段のIORIがお送りする「将棋する?」のお時間です。

それでは対局を始めさせていただきます。

 

プロ棋士はみんな凝り性であるといいます。

棋士はほとんどの人が凝り性だが、一過性だから、スポーツのような長い期間、毎日続かなければ効果が表れない、といったことは苦手である。棋士の運動能力が極端に劣り、スポーツ好きが少ないのは、商売のせいばかりではないだろう」(河口 1993: 15)。

 

凝り性だと、融通が効かないなどネガティブな性格だと捉えられることもありますが、私は何か徹底的にやり通す凝り性は肯定的に捉えています。

私は、将棋普及に凝ってみますか!

 

参考文献:河口俊彦日本放送出版協会、『将棋界奇々快々』1993.

 

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUcEJTD_O8JjybKd5lguebg?view_as=subscriber

Instagram 

https://www.instagram.com/iori101/

Twitter 

https://mobile.twitter.com/M_iori101

Podcast

https://anchor.fm/shogi_iori

 

560文字により、対局終了になります。

ありがとうございました。

 

【第1314局】最近の将棋界ニュース

皆さん、こんにちは。

将棋普及棋士初段のIORIがお送りする「将棋する?」のお時間です。

それでは対局を始めさせていただきます。

 

本日もPodcast POINT将棋を更新しました。

毎週土曜日16:30に更新しているPodcastも第118回となりました。

いつも聴いてくださっている方々ありがとうございます。

今週のテーマは最近の将棋ニュースです。

最近、将棋界では、新四段の誕生、藤井聡太先生の新たなスポンサー契約と、びっくりするニュースばかりです。

自分達が気になったニュースを採りあげ話しています。

ぜひ、聴いてもらえると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

 

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUcEJTD_O8JjybKd5lguebg?view_as=subscriber

Instagram 

https://www.instagram.com/iori101/

Twitter 

https://mobile.twitter.com/M_iori101

Podcast

https://anchor.fm/shogi_iori

 

518文字により、対局終了になります。

ありがとうございました。

 

【第1313局】フォトコンテストを振り返って

皆さん、こんにちは。

将棋普及棋士初段のIORIがお送りする「将棋する?」のお時間です。

それでは対局を始めさせていただきます。

 

今年の夏も、第2回将棋フォトコンテスト夏の一手を開催でき、大変嬉しく思っております。

121枚の写真が集まり、どれもいい写真ばかりで審査員の方も苦労されたと思います。

グランプリに選ばれたのはこちらの写真で、沢山のいいね!数とリツイート数で私もびっくりしました。

f:id:IORIshogi:20220923062354j:image

この写真は将棋の魅力をいくつも表現しているとてもいい写真だと思いました。

グランプリ賞品である将棋盤は世代を超えるものです。この写真の少年もまた世代を超えた対局を次は違う立場で実現してほしいと思っています。

 

また、他の入賞作品、特別賞となった作品もどれもいいものばかりでした。私も写真をみていて将棋のまた別の魅力を教えてもらうことができました。

 

ご応募いただいた方ありがとうございました。

 

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUcEJTD_O8JjybKd5lguebg?view_as=subscriber

Instagram 

https://www.instagram.com/iori101/

Twitter 

https://mobile.twitter.com/M_iori101

Podcast

https://anchor.fm/shogi_iori

 

622文字により、対局終了になります。

ありがとうございました。

 

【第1312局】フォトコンテスト結果発表!

皆さん、こんにちは。

将棋普及棋士初段のIORIがお送りする「将棋する?」のお時間です。

それでは対局を始めさせていただきます。

 

第2回将棋フォトコンテスト夏の一手の結果発表を本日行います。

18:00にYouTubeに審査会の動画をアップします。その後、結果をツイートします。

皆さん、YouTubeで審査の様子見てみてください。どういう基準で、審査員の方が写真を選んだのか、そしてその写真の感想など全てアップしています。(ほとんどカットしていません)

f:id:IORIshogi:20220922154412j:image

また、私からも感想を言う場を作れたらいいなと思っています。

まだYouTubeチャンネル登録されていない方はチャンネル登録のほどよろしくお願いいたします。

以下のリンクから飛べます。

 

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUcEJTD_O8JjybKd5lguebg?view_as=subscriber

Instagram 

https://www.instagram.com/iori101/

Twitter 

https://mobile.twitter.com/M_iori101

Podcast

https://anchor.fm/shogi_iori

 

551文字により、対局終了になります。

ありがとうございました。

 

【第1311局】フォトコンテスト結果発表準備

皆さん、こんにちは。

将棋普及棋士初段のIORIがお送りする「将棋する?」のお時間です。

それでは対局を始めさせていただきます。

 

フォトコンテストの審査動画も完成し、結果発表の準備をしています。

明日には、できるかなと思っています。かなり待たせてしまってすいません。

今年はどんな写真はグランプリに選ばれるのでしょうか。また今年から特別賞もあって賞品をGETする人も多いです。都成先生と武富先生そして協賛会社のテクハン株式会社の社長様に総121枚の写真から選んでもらいました。

感想なども聞けるので、ぜひYouTube動画もチェックしてもらえると嬉しいです。

結果発表ツイート、当選者へのDMと同時にYouTube動画もアップします。

 

そして、実は明日はYouTubeを始めた記念日でもあるのです。

そんな日に結果発表はなんかすごいタイミングです。

ぜひ、結果発表をお楽しみに!

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUcEJTD_O8JjybKd5lguebg?view_as=subscriber

Instagram 

https://www.instagram.com/iori101/

Twitter 

https://mobile.twitter.com/M_iori101

Podcast

https://anchor.fm/shogi_iori

 

619文字により、対局終了になります。

ありがとうございました。

 

【第1310局】その一手が左右する

皆さん、こんにちは。

将棋普及棋士初段のIORIがお送りする「将棋する?」のお時間です。

それでは対局を始めさせていただきます。

 

私は、細部までこだわらない性格だと思っています。以前は、細部までこだわった几帳面だったのですが、いつ頃か全く気にしなくなりました。

しかし、升田幸三先生は1手くらい、細部くらいという気持ちはいけないといいます。

「人生というのは、一手違いだと考えているんです。将棋でいう一手の差で、もう勝敗が決まる。全局のことでも、また局部、局部のことでも、その一手の差を慎重に、そして最善をつくす人が”勝ち”にゆくわけで、一手ぐらいなどといって、気楽にしとるやつが、結局は敗北につながる。自己暗示というのは、そういう微妙な人生のアヤを乗りきるためにも、心の内側からささえてくれる、たいせつな要素だと思います」(升田 2002: 70)。

 

今後、一手一手慎重に気を抜かないようにしていきたいと思います。

 

参考文献:升田幸三、2002、『勝負』中央公論新社

 

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUcEJTD_O8JjybKd5lguebg?view_as=subscriber

Instagram 

https://www.instagram.com/iori101/

Twitter 

https://mobile.twitter.com/M_iori101

Podcast

https://anchor.fm/shogi_iori

 

658文字により、対局終了になります。

ありがとうございました。

 

【第1309局】助言をして斬殺

皆さん、こんにちは。

将棋普及棋士初段のIORIがお送りする「将棋する?」のお時間です。

それでは対局を始めさせていただきます。

 

将棋も囲碁三者の助言は禁止されています。

もし現代で助言をした場合、退場や失格などのペナルティーが課されますが、昔はそれだけのペナルティーでは済まなかったようです。

「宝永五年(1708)に十三歳の火矢方細工人の子供が斬殺される事件があった。傷害致死の例であるが、原因はその子供が囲碁の助言をした為で、斬ったのは御歩役の息子で十六歳の九十郎、対局していた相手は紺屋の奉公人である。同じ町人なので味方して助言したのかもしれない」(増川 1987: 202)

 

私が初心者の頃、予選上がりを決める父の将棋に助言したことがあります。(その将棋は父が負け予選敗退となっています)

父から、その出来事を12年経った今でもぶり返されます。

12年も根に持っているのであれば、刀で切られていてもおかしくないですかね?(笑)

 

参考文献:増川宏一、1987、『碁』法政大学出版局

 

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUcEJTD_O8JjybKd5lguebg?view_as=subscriber

Instagram 

https://www.instagram.com/iori101/

Twitter 

https://mobile.twitter.com/M_iori101

Podcast

https://anchor.fm/shogi_iori

 

678文字により、対局終了になります。

ありがとうございました。