【第1442局】棋士の副業

皆さん、こんにちは。

将棋普及棋士初段のIORIがお送りする「将棋する?」のお時間です。

それでは対局を始めさせていただきます。

 

プロ将棋棋士という職業があります。プロ将棋棋士は、将棋を指して生活する職業です。

 

以前、プロ将棋棋士副業をするというニュースが話題になりました。

(プロ将棋棋士個人事業主なので、副業したらいけないという規則はありません。)

 

プロ将棋棋士が副業をする、ということは今では少数かもしれませんが、過去にこのような事例はなかったのでしょうか。

 

実は、新聞棋戦が始まる前は、プロ将棋棋士の副業は当たり前でした。

幕府からの擁護がなくなり、対局にお金が支払われなかったため、当然のことかもしれません。

 

では、実際にどのような副業をしていたのでしょうか。

 

・飯塚力蔵(龍馬)→貸し座敷(遊郭)の主人。駒台の発明者。※「力蔵」は「力造」と記す例もある。

・川井房卿七段→べっ甲細工業。

・蓑太七郎七段→富山の薬行商。

矢島新太郎(五香)七段→小間物屋(日用品、化粧品などを売る店)。「小野新さん」と呼ばれていた。

・村上由之助(桂山)六段→常盤津節(浄瑠璃の流派の一つ)の太夫(語り手)。

・豊島太郎吉六段→材木商、駒師。

・石原勇吉五段→八百屋。「八尾勇さん」と呼ばれていた。

・奥野一香四段→盤駒商店、駒師。

・木見金治郎九段(大阪)→古鉄商、のちにうどん屋を副業とし、弟子の大野源一九段が出前持ちをしていたことは有名な話(山口 2019: 66)。

 

こう見ると、副業の種類は多岐にわたっていることがわかります。

現代社会において副業が進められていますが、自分がしたい、なりたい職業一本で生活できるようになりたいものです。

 

 

参考文献:山口恭徳,2019,「新聞将棋の始まりから発展へ」『将棋と文学スタディーズ』将棋と文学研究会:61-83.

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUcEJTD_O8JjybKd5lguebg?view_as=subscriber

Instagram 

https://www.instagram.com/iori101/

Twitter 

https://mobile.twitter.com/M_iori101

Podcast

https://anchor.fm/shogi_iori

 

989文字により、対局終了になります。

【第1441局】映像で伝える将棋

皆さん、こんにちは。

将棋普及棋士初段のIORIがお送りする「将棋する?」のお時間です。

それでは対局を始めさせていただきます。

 

北条秀司原作による「王将」という映画があります。

その映画の一つのシーンで「銀が泣いている」というものがあります。

映画のモデルである坂田三吉の言葉です。

その「銀が泣いている」シーンを升田幸三先生が監修したそうです(松田 2000)。ですが、将棋も分からない観客に伝えるのは至難の業です。

 

私も、ブログやYouTubeでも将棋の面白さを映像で伝えるのは難しいと言っています。

Netflixで配信されている「クイーンズ・ギャンビット」や「ハリー・ポッター」でのチェスのシーンは、動きが少ないチェスをうまく表現しているなと思いました。

 

私も、いつか将棋の面白さを映像で表現できればなと思っています。

 

参考文献:松田道弘,2000,『将棋とチェスの話』岩波書店

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUcEJTD_O8JjybKd5lguebg?view_as=subscriber

Instagram 

https://www.instagram.com/iori101/

Twitter 

https://mobile.twitter.com/M_iori101

Podcast

https://anchor.fm/shogi_iori

 

613文字により、対局終了になります。

 

【第1440局】郵便チェス

皆さん、こんにちは。

将棋普及棋士初段のIORIがお送りする「将棋する?」のお時間です。

それでは対局を始めさせていただきます。

 

2日前に、少し触れましたが、実力偏重主義である現代は、勝つことにこだわりすぎではないでしょうか。

 

勝者が偉いや勝つことが正義であるなどと社会でもいわれています。

そうしたことは、将棋においても、ソフトの使用問題などからも他人事ではありません。

 

勝つという面白さ以外に将棋にはないのでしょうか。

勝つこと以上に面白いことはないのでしょうか。

 

「通信チェス」というものがあります。

通信チェスとは、「一手だけはがきで相手に書き送り、それを見た相手もつぎの言ってを書いたはがきを相手に送るという、相互通信によるプレイです」(松田 2000: 103)。

 

勝敗もすぐ決まらず、なにが面白いのかと思われるかもしれませんが、私は「時間をかけて考える」という面白さがあるように思います。

 

将棋も新聞棋戦が始まるまでは、持ち時間制など無く、ゆっくり指し手を考えていました。持ち時間制は、新聞原稿また掲載に間に合わせるために導入されました。

今では、早く勝敗を決めることが重視され、持ち時間制が導入され、またソフト使用が問題となっています。

 

確かに、勝敗を早く決める面白さもあると思いますが、時間をかけて考えるという面白さもあるのではないでしょうか。

 

参考文献:松田道弘,2000,『将棋とチェスの話』岩波書店

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUcEJTD_O8JjybKd5lguebg?view_as=subscriber

Instagram 

https://www.instagram.com/iori101/

Twitter 

https://mobile.twitter.com/M_iori101

Podcast

https://anchor.fm/shogi_iori

 

838文字により、対局終了になります。

ありがとうございました。

 

【第1439局】将棋アプリの世界

皆さん、こんにちは。

将棋普及棋士初段のIORIがお送りする「将棋する?」のお時間です。

それでは対局を始めさせていただきます。

 

本日、16:30にPodcast「POINT将棋」を更新します。

今週のテーマは、第136局で「将棋のアプリ」です。

 

今では、スマホ一台で将棋は楽しめるようになりました。

将棋に関するアプリをザッと説明して、アプリについて話しました。

実は、私は将棋アプリに…の話もしました。

 

ぜひ、Podcast「POINT将棋」をよろしくお願いいたします。

毎週土曜日16:30に更新しています。

 

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUcEJTD_O8JjybKd5lguebg?view_as=subscriber

Instagram 

https://www.instagram.com/iori101/

Twitter 

https://mobile.twitter.com/M_iori101

Podcast

https://anchor.fm/shogi_iori

 

488文字により、対局終了になります。

ありがとうございました。

 

【第1438局】引き分けがない

皆さん、こんにちは。

将棋普及棋士初段のIORIがお送りする「将棋する?」のお時間です。

それでは対局を始めさせていただきます。

 

ゲームは、なんといっても最後には、勝ち負けがはっきりするところが面白いです。

それに、現代においては、社会でも勝敗はかなり重視されていますからね。

引き分け(ドロー)があるかないかで、そのゲームが面白いか、長く遊ばれるかの一つの鍵となっています。

 

前にチェッカーというゲームがありました。ですが、あまりにも引き分けが多く、プレイヤーが減少し、今ではあまり見かけなくなりました。

では、将棋はどうでしょうか。

チェスから将棋に移行する海外のボードゲームファンが多いといいます。

「ショーギはドローが世界でいちばん少ない優秀なゲームだ」(松田 2000: 90)と評価されることが背景にあります。

 

こんなにも将棋が長い間遊ばれる理由には、引き分けが少ないということがあるのかもしれません。

 

参考文献:松田道弘,2000,『将棋とチェスの話』岩波書店

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUcEJTD_O8JjybKd5lguebg?view_as=subscriber

Instagram 

https://www.instagram.com/iori101/

Twitter 

https://mobile.twitter.com/M_iori101

Podcast

https://anchor.fm/shogi_iori

 

667文字により、対局終了になります。

ありがとうございました。

 

【第1437局】殺すか詰すか

皆さん、こんにちは。

将棋普及棋士初段のIORIがお送りする「将棋する?」のお時間です。

それでは対局を始めさせていただきます。

 

私は、将棋だけでなく、チェスの映画やドラマも観たりします。

チェスにおいて、自分のキングを倒すというシーンを見たことはないでしょうか。

 

なぜ倒すのでしょうか?

これは、投了の意思表示であり、負けた側が自分のキングを倒すというものです。

 

「不覚の敗北を喫したとき、悔しさのあまり、自分のキングをつかみあげて部屋のすみまで投げとばしたという名人が何人もい」(松田 2000: 80)るとのことです。

盤上で倒すならまだしも投げ飛ばすのやりすぎでは…(笑)。

 

また、将棋には「感想戦」というものがあるように、チェスにも対局を検証するものがあります。

これを、「postmortem」というそうです。

事後検証という意味もありますが、検死をするという意味もあります。

 

将棋では、王を詰すといい、殺すとはいいません。

チェスには、キングを倒すあるいは殺すと捉えられているのでしょうか。

こうした違いを比較していくと、また新たな将棋の面白さが見えてくるのかもしれません。

 

参考文献:松田道弘,2000,『将棋とチェスの話』岩波書店

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUcEJTD_O8JjybKd5lguebg?view_as=subscriber

Instagram 

https://www.instagram.com/iori101/

Twitter 

https://mobile.twitter.com/M_iori101

Podcast

https://anchor.fm/shogi_iori

 

750文字により、対局終了になります。

ありがとうございました。

 

【第1436局】自分が成長する方法

皆さん、こんにちは。

将棋普及棋士初段のIORIがお送りする「将棋する?」のお時間です。

それでは対局を始めさせていただきます。

 

自分自身を成長させたいと思っています。

しかし、3日すら続かない私は、なかなか自分自身を成長させることができません。

自己投資するにも、継続は大事ですからね。

どうしたらいいんでしょう…。

 

将棋のルールで、駒が相手の陣地に入ると裏返ってパワーアップするというものがあります。

将棋用語で、「駒が成る」といいます。

たとえ、弱い駒であっても、相手の陣地に入りさえすればパワーアップできるのです。

 

このことから、新しいフィールド、また誰かの懐に飛び込むと自分自身を成長させることができるのではないかと思いました。

 

確かに、何かを継続させていくことは大切かもしれません。

ですが、今年はとりあえず新しいフィールドに飛び込むことを心がけていこうと思います。

1年後、どれくらい成長できているか楽しみです。

 

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUcEJTD_O8JjybKd5lguebg?view_as=subscriber

Instagram 

https://www.instagram.com/iori101/

Twitter 

https://mobile.twitter.com/M_iori101

Podcast

https://anchor.fm/shogi_iori

 

640文字により、対局終了になります。

ありがとうございました。