【第818局】駒落ち

皆さん、こんにちは。

将棋普及棋士初段のIORIがお送りする「将棋する?」のお時間です。

それでは対局を始めさせていただきます。

 

大学院で、将棋の研究をすると言ってはいるが、具体的には何をしているのか?

たまに、書いていますが、私の研究テーマは

【将棋の「駒落ち(ハンディ戦)」に対する受容度の比較研究】です。

 

そこで駒落ちの先行研究があるか文献はあるか、と探すのですが、なかなか見つからないものなのです。

駒落ち定跡」(所司和晴)や「最強の駒落ち」(先崎学)といった駒落ちの定跡はあります。しかし、私は駒落ちの必勝法や駒落ちの定跡を分析するわけではないので、直接な参考文献になりそうにありません。

(定跡を分析することで何か見えてくることがあるかもしれませんが)

 

ということで、将棋の歴史から見ていっている段階です。また、ある程度形になってきたらここでもシェアしていければと思っています。

先行研究が少ないということで、新しい研究なので楽しさもある一方、難しい面もありますね。

 

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUcEJTD_O8JjybKd5lguebg?view_as=subscriber

Instagram 

https://www.instagram.com/iori101/

Twitter 

https://mobile.twitter.com/M_iori101

Podcast

https://anchor.fm/shogi_iori

 

674文字により、対局終了になります。

ありがとうございました。

 

【第817局】アップします

皆さん、こんにちは。

将棋普及棋士初段のIORIがお送りする「将棋する?」のお時間です。

それでは対局を始めさせていただきます。

 

 本日、YouTubeにアップするものは、山口県の「下関将棋同好会」です。

f:id:IORIshogi:20210515161653j:image

代表の方は、日本伝統文化であるこの将棋を消さないためにも、若い人の後継者を育てていくことを義務と感じ、将棋普及活動をやられていました。

 

将棋知る場を増やしていくこと、将棋の魅力を伝えていくこと、本当に大切ですね。

私も動画で将棋の魅力を伝え、将棋界を盛り上げていければと思っています。

ぜひ、動画見ていただけると嬉しいです。

 

そして、podacstでも47都道府県の将棋道場をまわる日本一周の旅のエピソードを話しています。毎週土曜日16:30に更新しています。ぜひ、podcastの方も聴いていただける嬉しいです。

f:id:IORIshogi:20210515161736j:image

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUcEJTD_O8JjybKd5lguebg?view_as=subscriber

Instagram 

https://www.instagram.com/iori101/

Twitter 

https://mobile.twitter.com/M_iori101

Podcast

https://anchor.fm/shogi_iori

 

594文字により、対局終了になります。

ありがとうございました。

 

【第816局】将棋の強さ

皆さん、こんにちは。

将棋普及棋士初段のIORIがお送りする「将棋する?」のお時間です。

それでは対局を始めさせていただきます。

 

ソフトの登場により、「将棋の強さ」への捉え方が変わったのではないか。

そう、主張するのは、久保明教(『機械カニバリズム講談社選書メチエ

 

今までは、プロ棋士の研究にはソフトは使われてきませんでした。しかし、ソフトを研究に導入され始め、次々と新手が編み出されています。

 

著書の『機械カニバリズム』でも、

 

「ソフトの評価値を検討する勉強法をいち早く取り入れたことで知られる若手棋士千田翔太は、筆者との対談のなかで、強豪ソフト「ナインデイフィーバー」が、「中段玉」と呼ばれる局面において自玉の安全度を高い精度で見切ることに注目している」(p94)と具体的に取り上げられています。

f:id:IORIshogi:20210513134233j:image

 従来は、大局観といったもので、将棋が指されてきましたが、ソフトの出現により従来の要素では勝てなくなりました。今の将棋の強さは、ソフトがない時代にイメージされていた強さは異なるのではないでしょうか。

 

著者が、「電王戦における棋士とソフトとの相互作用を通じて、将棋において競技と文化を繋いできた「強さ」なるものは著しく不安定化した。「コンピュータは棋士よりも強いのか」という問いに駆動された興行を通して、むしろ「強さ」という観念自体がさまざまに変化してきたのである。」(p 123,124)と『機械カニバリズム』で記述しているように、プロ棋士の強さに勝つ目的で誕生した将棋ソフトは、将棋棋士の強さを変えたのではないでしょうか。

 

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUcEJTD_O8JjybKd5lguebg?view_as=subscriber

Instagram 

https://www.instagram.com/iori101/

Twitter 

https://mobile.twitter.com/M_iori101

Podcast

https://anchor.fm/shogi_iori

 

901文字により、対局終了になります。

ありがとうございました。

 

【第815局】ゲーム研究

皆さん、こんにちは。

将棋普及棋士初段のIORIがお送りする「将棋する?」のお時間です。

それでは対局を始めさせていただきます。

 

 私は、今、大学院で将棋の研究を進めています。(入学したばかりですが)

将棋の研究は大きくゲーム研究の中に分類されるように思います。それでは、このゲーム研究はどこが1番の国が進んでいるのでしょうか任天堂をはじめとするゲーム開発、ゲーム産業が盛んな日本なのでしょうか。

 

2003年にデジタルゲームの国際学会DiGRAの本部がフィンランドにあります。

そう、フィンランドは世界のゲーム研究の中心地の一つなのです。正直、意外です。

 

しかし、私はボードゲームである将棋を研究します。デジタルゲームではありません。

今、現在のゲーム学はデジタルゲームの研究が主流なのです。そんな中で将棋(ボードゲーム)という観点からゲーム学に切り込んでいくことはワクワクします。

 

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUcEJTD_O8JjybKd5lguebg?view_as=subscriber

Instagram 

https://www.instagram.com/iori101/

Twitter 

https://mobile.twitter.com/M_iori101

Podcast

https://anchor.fm/shogi_iori

 

626文字により、対局終了になります。

ありがとうございました。

 

【第814局】追えていない

皆さん、こんにちは。

将棋普及棋士初段のIORIがお送りする「将棋する?」のお時間です。

それでは対局を始めさせていただきます。

 

 将棋が好きすぎると言いながら、最近、なかなか今のプロ棋士の事情(対局やAbemaの結果など)を把握できていません。

最近、研究のために文献を読むことと、動画編集に追われていて、なかなか今の将棋界に目を向けれていません。

 

Twitterで、少し観るくらいだと、自分も満足できていないため、少し時間に余裕を持ちたいなと思っています。

 

それにしても、動画編集と文献を読むことは時間がかかります…

 

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUcEJTD_O8JjybKd5lguebg?view_as=subscriber

Instagram 

https://www.instagram.com/iori101/

Twitter 

https://mobile.twitter.com/M_iori101

Podcast

https://anchor.fm/shogi_iori

 

496文字により、対局終了になります。

ありがとうございました。

 

【第813局】もう一つの子供達の居場所

皆さん、こんにちは。

将棋普及棋士初段のIORIがお送りする「将棋する?」のお時間です。

それでは対局を始めさせていただきます。

 

本日、YouTubeに動画をアップします。

島根県にある石見銀山囲碁将棋道場」です。

f:id:IORIshogi:20210511175955j:image

ここは駅から離れたところで、最初、駅から歩いて行こうとしていた自分は馬鹿だなと思うくらい距離がありました。

 

ですが、いざ行くと最高の環境なのがありました。私は、将棋を知らない方へ将棋の魅力を伝えていきたいと思っています。そのために、ここ「石見銀山囲碁将棋道場」を作っていきたいと思っています。ぜひ、動画を見ていただけると、ここの良さがわかると思います。

 

今日の19:30にアップします。下記のURLからYouTubeチャンネルに飛べます。

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUcEJTD_O8JjybKd5lguebg?view_as=subscriber

Instagram 

https://www.instagram.com/iori101/

Twitter 

https://mobile.twitter.com/M_iori101

Podcast

https://anchor.fm/shogi_iori

 

564文字により、対局終了になります。

ありがとうございました。

 

【第812局】「?」と「!」

皆さん、こんにちは。

将棋普及棋士初段のIORIがお送りする「将棋する?」のお時間です。

それでは対局を始めさせていただきます。

 

『世の中に「?」「!」と両方あれば、ほかにはもう、何もいらんのじゃないでしょうかね?』

まど・みちお(童謡「ぞうさん」「やぎさんゆうびん」で有名な詩人)の言葉です。

 

この言葉の通り、人生に「?」「!」がたくさんあると、その人生は、とてもワクワクしたものになりそうです。

 

そう考えると、将棋で繰り広げられるものは、「?」「!」が多発しています。

だから、将棋はワクワクしたものなのか!

 

それは将棋普及活動にも言えることです。

 

これからも「?」「!」がたくさんある生活を送っていきたいですね!

 

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUcEJTD_O8JjybKd5lguebg?view_as=subscriber

Instagram 

https://www.instagram.com/iori101/

Twitter 

https://mobile.twitter.com/M_iori101

Podcast

https://anchor.fm/shogi_iori

 

543文字により、対局終了になります。

ありがとうございました。