【第1194局】2七歩がない豊臣秀吉の将棋

皆さん、こんにちは。

将棋普及棋士初段のIORIがお送りする「将棋する?」のお時間です。

それでは対局を始めさせていただきます。

 

将棋には、棋力の差がある対局者でもできるだけ対等にプレイし、対局として成立するために、「駒落ち」というハンディ戦があります。

将棋の駒落ちというハンディ戦は、実力が上である方が駒の数を減らすという、強い側の力を削ぐタイプのハンディ戦です。

 

しかし、弱い側からの立場からすると、駒を落とされてナメられてる感じがする…なんて思ったりすることもあります。

そう思った一人が、豊臣秀吉です。天下をとった豊臣秀吉は、社会的身分の低い大橋宗桂(将棋宗家)に駒を落とされ、その上、将棋に負けることを嫌いました。

そこで、弱い側(ここでは豊臣秀吉)が飛車先の歩(2七歩)を落としてプレイするという太閤将棋を提案しています。

駒を落としてはいますが、2七の歩兵がないことで、飛車が一手目にして、成ることができます。

こうした変則将棋を発明できたのは、負けず嫌いであった豊臣秀吉ならではの発想かもしれません。

 

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUcEJTD_O8JjybKd5lguebg?view_as=subscriber

Instagram 

https://www.instagram.com/iori101/

Twitter 

https://mobile.twitter.com/M_iori101

Podcast

https://anchor.fm/shogi_iori

 

692文字により、対局終了になります。

ありがとうございました。

 

【第1193局】次のYouTubeライブ

皆さん、こんにちは。

将棋普及棋士初段のIORIがお送りする「将棋する?」のお時間です。

それでは対局を始めさせていただきます。

 

YouTubeが全く更新できていません。

更新したいと思いながら、なかなか時間がとれず、実行に移せませんでした。申し訳ございません。

 

そんななか、初めてのYouTubeライブで、ワイン一本開けるまで終わらないYouTubeライブをやろうということを言いました。言ったからには、やります(笑)。

 

ということで、近々YouTube飲みライブをしたいと思います。

近況報告をゆる〜く話していきます。将棋を学術的に研究している方があまりいないので、少しでも皆さんに実態?をシェアできたらと思っています。

また、Twitterで告知するので、その時はぜひ遊びに来ていただけると嬉しいです。

 

あと、皆さんと将棋普及の話もできるといいなと思っています。

将棋普及の熱消えたわけじゃないですよ?なんなら、メラメラと燃え広がっています。

次の企画も考えています。お楽しみに!

 

 

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUcEJTD_O8JjybKd5lguebg?view_as=subscriber

Instagram 

https://www.instagram.com/iori101/

Twitter 

https://mobile.twitter.com/M_iori101

Podcast

https://anchor.fm/shogi_iori

 

672文字により、対局終了になります。

ありがとうございました。

 

【第1192局】「まさか」という手

皆さん、こんにちは。

将棋普及棋士初段のIORIがお送りする「将棋する?」のお時間です。

それでは対局を始めさせていただきます。

 

人生には、上り坂もあれば下り坂もある。もう一つ『まさか』という坂がある

小泉純一郎元首相の言葉です。

これは、将棋にもいえることで、自分の読み手以外の「まさか」の手をも想定して対局しなければなりません。その「まさか」の手があることで、ゲームとしての面白さが増すようにも思いますが。

その「まさか」の展開に対応するためには、これまで私が採り上げてきた羽生善治先生の言葉が大切であるのではないかと思います。

 

人生において、将棋において、上り坂や下り坂だけでなく、「まさか」という坂があることで面白い展開になることもあれば、それが逆の悪展開になることもあります。

それにうまく対応していくことがこれから大切になってくるかと思います。

 

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUcEJTD_O8JjybKd5lguebg?view_as=subscriber

Instagram 

https://www.instagram.com/iori101/

Twitter 

https://mobile.twitter.com/M_iori101

Podcast

https://anchor.fm/shogi_iori

 

612文字により、対局終了になります。

ありがとうございました。

 

【第1191局】将棋倒し

皆さん、こんにちは。

将棋普及棋士初段のIORIがお送りする「将棋する?」のお時間です。

それでは対局を始めさせていただきます。

 

最近、将棋倒しで遊んだという人はそんなに多くはいないかと思います。私は、子どもに将棋を教えるとき、集中力が切れるなと思ったタイミングで将棋倒しで遊んだりします。

 

将棋用語には、いくつか日常的に使われるものがあったりもします。よく大学生なんか「詰んだわ…」なんて頻繁に使っているものです。(例えば、バイトのシフトを忘れていて、無断欠勤したときに、詰んだわ…だったり)私からすると、「詰将棋をしているのか?」と反応してしまうこともしばしば…(笑)

そして、この「将棋倒し」という言葉も日常的に使われるものでもあります。

ドミノ理論」なんかより「将棋倒し」と表現した方がよほど分かりやすかったりします。

 

実は、この「将棋倒し」という言葉は、14世紀の軍記物の「太平記」第7巻にそれがみれます。

「将棋倒ヲスル如ク、寄手四五百人、圧ニ討タレテ死ニケリ」(天狗太郎「将棋101話 庶民遊戯四百年の履歴書」、光風社書店、1976年.)

 

このことから、14世紀には、将棋用語は日常化されていたことがわかります。

将棋も将棋倒しも歴史深いものであり、私たちに身近な遊びであったのですね。

 

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUcEJTD_O8JjybKd5lguebg?view_as=subscriber

Instagram 

https://www.instagram.com/iori101/

Twitter 

https://mobile.twitter.com/M_iori101

Podcast

https://anchor.fm/shogi_iori

 

781文字により、対局終了になります。

ありがとうございました。

 

【第1190局】将棋は簡単には終わらない

皆さん、こんにちは。

将棋普及棋士初段のIORIがお送りする「将棋する?」のお時間です。

それでは対局を始めさせていただきます。

 

ヘンな手を指してはいないのだが、簡単には終わらないことが多い。それだけ、将棋には逆転の要素が多く含まれているということなのだろう。特に、一手の価値が終わりになればなるほど高くなる羽生善治「大局観:自分と闘って負けない心」、角川書店、2011年.)

 

将棋は、最後の最後まで気を抜くことができないです。

これは勝てると思っていても、どこかでミスをしてしまうことが多いです。私は何度かこういうミスをすることがあります。詰めがあまいってやつですね…(笑)

 

これは将棋だけに限らず、最後の最後まで確実にこなしていくことが大切です。

 

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUcEJTD_O8JjybKd5lguebg?view_as=subscriber

Instagram 

https://www.instagram.com/iori101/

Twitter 

https://mobile.twitter.com/M_iori101

Podcast

https://anchor.fm/shogi_iori

 

562文字により、対局終了になります。

ありがとうございました。

【第1189局】ドロー

皆さん、こんにちは。

将棋普及棋士初段のIORIがお送りする「将棋する?」のお時間です。

それでは対局を始めさせていただきます。

 

チェスには、ドローがあります。

それも、将棋でいう千日手や持ち将棋のようなものだけでなく、相手との合意によって対局を引き分けで終わらせることができます。

 

このことに関して、羽生先生は「チェス圏の人々にとっては、平和とは交渉による合意によって一時的に戦争を止めている状態なのではないかと思うようになった。」といいます。(羽生善治「大局観-自分と闘って負けない心」、角川書店、2011年.)

 

将棋にも相手との合意で可能な引き分けのルールを入れるとどうなるのでしょうか。それは果たして受容されるものなのでしょうか。

 

 

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUcEJTD_O8JjybKd5lguebg?view_as=subscriber

Instagram 

https://www.instagram.com/iori101/

Twitter 

https://mobile.twitter.com/M_iori101

Podcast

https://anchor.fm/shogi_iori

 

553文字により、対局終了になります。

ありがとうございました。

【第1188局】将棋の反則

皆さん、こんにちは。

将棋普及棋士初段のIORIがお送りする「将棋する?」のお時間です。

それでは対局を始めさせていただきます。

 

今日、Podcast「POINT将棋」更新します。

今週のテーマは、将棋の反則です。

将棋をされている方はもう既にご存知かと思いますが、今一度この機会に確認してみてみては!

 

大会で反則負け…なんてもったいないですからね。

来週のテーマは、「将棋を卒業研究にする」です。来週もぜひお願いします。

 

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUcEJTD_O8JjybKd5lguebg?view_as=subscriber

Instagram 

https://www.instagram.com/iori101/

Twitter 

https://mobile.twitter.com/M_iori101

Podcast

https://anchor.fm/shogi_iori

 

446文字により、対局終了になります。

ありがとうございました。